植田正治写真美術館 常設展より

ー自然なすがたー

人がカメラを向けられ、写真を撮るときに真正面を向くのは〈自然〉なこと。
カメラが目の前にあれば、誰だってカメラを意識する。
恥ずかしくてうつむいたり、はにかんだり。


ー小さい日記ー

写っている人たちにとっては、今日生きた“あかし”として、その人の伝記の1ページになると考えた。
本人にとっては「写真すること」がまさに「生きていることの“あかし”」


ー風景の光景ー

身の回りのごくふつうの「風景」を、自分だけの特別な風景であるかのような写真にしてしまう。
「風景の風は吹き抜ける風」
[PR]
# by aknrkym | 2005-11-01 10:00

『デザインの現場』佐藤雅彦の言葉より

一番大事なことは新しいルールやト−ンを作ること。
まず、その先がないという崖っぷちに立ちます。そして先のないところも自分が道を作ればそこは歩ける。
そこを作らなければならない。

自分独自の『作り方』をつくる。

新しい考え方を見つけて、その考え方を表現にする。
[PR]
# by aknrkym | 2005-10-31 08:37

relax 2002. 11 デザイン特集より

茶道の宗へん流
〈侘び数寄〉
千利休の弟子が定義。一物も持たず、胸の覚悟が定まって、作分と手柄が整ったのが侘び数寄。
例えば、一物を持たずと言うのは、その当時は唐物と言って、何百年も前に中国から伝来してきた美術品を持っているのが偉くて、それを所持しているのが偉いとされた。それを所持していないと正式な茶人として認めないというのが暗黙のルールとして存在していた。侘び数寄はそういう考え方に対するカウンタ−カルチャ−で、正直に慎み深く奢らぬ様のこと。だから侘び数寄は精神や生き方のことで、それは縄文の時代から人の血の中にあるものである。
侘び数寄における美しい暮しとは、基本は倫理観で、その根底にあるのは慎むということ。そう生きている中で生まれてくる秩序が、形になって表れる。モノについても同じで、倫理観から来るシンプルな考え方やシンプルな生活、そこから来る秩序に則った合理的なデザインというのが良いし、美しい。倫理観がしっかりないと、何かものを選ぶときも、見た目が格好良いものや誰々が作ったものだからという方向に行ってしまうのではないか。

昔は、当然だが生活に必要なものは自分たちで作っていた。ガラスなどもないし、素材を加工することができないから、自然のものを活かして、暮らしに役立つものを作ろうとする。だから自然をよく観察していないといけない。どうせ作るならよい形のものを作ろうということになって、過去にあるなにがしかのものを真似たり、改良したりして良いものが出来上がっていく。だから一番大事なのは、やっぱり自然。

昔ながらの生活は忙しくてできないってみんなは言うけど、時間を使うために文明は発達しているはず。ITのために生きているんじゃなくて、ITを使って自分の時間をつくって、豊かさに役立てるべきだと思う。余計なものを排除するために必要なモノの選び方は、まず自分自身を知ること。自分というのは実は自分の中になく、周りの人が自分に抱いているイメ−ジである。自分が格好良いと思ったものが親には理解されないというのがいい例。自分のことが分からないから飾りたくない。自分を知れば余計なことはしなくなると思う。

デザインっていうのは、思想を具現化したものというか、生き方に対する答えだと思う。人の生活を豊かにするために、人間や文化を掘り下げて、使う人の顔を思い浮かべながら作られたものが良いデザインなのだと思う。だから人間関係というか、人と人との関わり方が希薄なところからは、良いデザインは生まれてこないかもしれない。
[PR]
# by aknrkym | 2005-10-28 18:41

このブログの説明

いろいろなものから、刺激・共感・反論する原文をそのままコピぺして、つらつらと。

『僕唐サンド』の、やりっぱなしな部分を集めて温存しておく貯蔵庫。

よろしくお願いします。
[PR]
# by aknrkym | 2005-10-28 18:04

No.000 こんな感じで

“楽をする。

人の考えにフリーライドするのは、非常に楽をしている。

人気、流行、権威、常識、正当、妥当、世間、一般、Etc..

なんで、それが流行っているのか、人気があるのか?なんて微塵も考えないことがある。
考えていると自分では思っているんだけど、実は考えていない。
最終的な決め手は、皆が良いって言っているから…

人気がある、流行しているっていうのは、いわば中庸。まぁ言うなれば普通。
普通は王道だし、必要だと思う。それに、中庸じゃ無いことが善だと言う気も更々無い。それは、甲か乙どっちを選択をするだけの問題だから。甲の人から見たら、乙を選択しただけで、選択という行為では何も優劣は無いんだから。

で、思うのは、ちゃんと自分の頭で考えて、選択をしているかってこと。何事に対しても。
常識と言われているものも、自分で納得して、それを使っているのかどうなのか。
流行って言われているものも、自分で納得して、それに乗っかっているかどうか。
権威の人の考えとかも、自分できちんと理解して、それに追随しているかどうか。

勿論、直感的にっていう部分も大いにあると思うけど、その、”なんとなくを”なるべく科学した方が良い。
そこに新しい何かがあると思うから。”
[PR]
# by aknrkym | 2005-10-28 18:00