<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スペインの宇宙食/菊地成孔文庫版 p264

(前略)
純粋に戦場であるような音楽がやりたい。


こんなことは言うのもアホらしいが、愛と平和の名の下に実際の戦争に反対するか、或いは逆に国家に対する誇りと自信を獲得しようという考えから実際の戦争に賛成するとか、そろそろ戦争が来るぞと平和ボケの大衆に警鐘を鳴らすとか、実際に起こっている世界のどこかの戦争を見てお前らはどう思うんだと問いただすとかいうつもりはさらさら無い。


僕にとって戦争とはこうやって反対したり推進したりイデオロギーによってコントロール出来るものなどではなく、ある日突如として不条理にやってきては否応もなく巻き込まれる悪夢的な存在で、一度始まってしまったらとにかく命がけで動き回る以外にすることは何もなく、とにかく自然に収束するまではそれが続く。
その間には膨大な意志と遂行、その頓挫と混乱が無秩序に繰り返され、死ぬか致命的な負傷を負うか、もしくはかすり傷ひとつなく済む。
そういうものだ。戦争はいつか来るだろうが、それがいつで、どうなるかなんて誰にも解らない。
軍事アナリストであろうと大統領であろうと役には立たない。
僕は戦争をそういうものだと思っている。
[PR]
by aknrkym | 2009-08-12 18:45 | a book

from BRUTUS 09.08.15 p44

岡本太郎が帰国後、目の当たりにしたものは、奈良時代の仏教美術をはじめ、「日本の伝統」として今日恭しく語られている芸術のほとんどが、中国大陸や朝鮮半島から輸入された文化のこぢんまりとした亜流でしかなかったという事実であった。
そして、その価値と権威を支えているシステムの中に、現在に至るまで日本が抱える一種の「奴隷根性」的心性を見出し、絶望感に苛まれる。
そんな太郎にとって、51年の縄文土器との出会いはまさに青天の霹靂であった。
その奇怪さ、野蛮さ、力強さ。
太郎はそこに、原初的な美の力を看取する。
[PR]
by aknrkym | 2009-08-06 20:50 | magazine