<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

from NIKKEI DESIGN DEC.2008 p40


クリエイティブをシンプルにし、シンプルな表現を効果的に組み立てた方が、伝達にパワーがあります。
ただ、このシンプルというのが難しい。
シンプルとは、必要最小限の要素で成り立っていることです。
ただ要素を少なくすると、足りない、寂しいという状況になりやすいんです。これではパワーがありません。
[PR]
by aknrkym | 2008-11-26 22:22 | magazine

2007.11.04 at ABC

【デザインを考え始めた頃 そして、これから】
原研哉×高田修地(大学時代の先生)


●高田→デザインが社会にとって何が機能しているか。ポジティブだけでなく、負の部分も考える(アクセルしながら、ブレーキするよう)。
デザインのデザインではない部分を教わった。

授業ではまず、
『最近どんな本を読んでます?』
『鞄の中に何入ってる?』入っている本を読まされたりしていた。

●(原)の毎日デザイン賞でのスピーチ
『“今”から未来を考えるのではなく“過去”から“今”を見ないと未来は考えられないだろう』
今は歴史がおざなりにされている時代。

●世界はいつも2つに分ける事が出来る。

●大学入学。向井周太郎
『人が環境に広がっていく時の知的バックグラウンド』がデザイン。デザインはグラフィック、プロダクトなどに分けられない。

●掃除をすることは、とても人工的なこと。
[PR]
by aknrkym | 2008-11-23 07:32 | recture

by デザインの未来考古学 P19


「ヴィジョンこそ未来の力である」


創造とは、ヴィジョンを描く力である。
実はデザイナーの役割はその直感力で世界の価値を発見、構築しその行く末を描くことにある。

様々な情報をもとに、ひとりの人間の頭の中でさまざまな情報を一瞬のうちに加工する能力、その高度な加工能力が直感力であり、予言である。

デザインは社会の要求に直接的、短絡的に解答を出すことではない。
社会に内在する見えない要求を読み取り、先取りして、未来を描くことである。

デザイナーの役割はその意味で美学はおろか、経済、政治を包含している。それらを含んでこそ、美学である。

デザイナーは企業を含む組織に向けて仮説的ヴィジョンを提言していく義務がある。



ヴィジョンはデザイナーに限らず、すべての人間の牽引力であり、生命力である。
政治も事業経営も、アートも、科学も技術もこのヴィジョンがそれを牽引し煽動する。
人間の中にある生命のエネルギーとはこのヴィジョンを描く力であるといえよう。
[PR]
by aknrkym | 2008-11-18 20:49 | a book

by 篠山紀信


自分は1%の自由を獲得するために、
99%、それ以外の努力をしている。



でも、人はその1%だけを見て篠山は自由だと言い、
残りの99%については理解していない。
[PR]
by aknrkym | 2008-11-15 07:39 | article

Words of Togo Murano


手法は真似られても
作の品格さに至っては
生活の良さと趣味の高い人だけが持っているので如何ともしがたい。


いつでも大切な問題の
探求と追求とが必要ですね
それがやがて
作品の深みとなっていきますから。
[PR]
by aknrkym | 2008-11-13 01:15 | exhibition

PRIMARIO


シンプルとは出発点であり到達点でもある。



30年間デザインと向き合ってわたしは今そう思っています。
シンプルとは豊かな気持ちと余裕が無ければ成立しない「贅沢なカタチ」だと思います。

それは時代によって、流行によって「ぶれる」ものでもあります。
いま、ふたたびわたしは初心にもどって「シンプルとはなにか」を問いかけたいと思っています。
[PR]
by aknrkym | 2008-11-03 21:45 | booklet