<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

from relax 2002 06

吉田健一によれば「戦争に反対する唯一の手段は、各自の生活を美しくして、それに執着することである」(作法不作法)

自分で選び取った自分のやるべきことの質を上げていく。
[PR]
by aknrkym | 2007-12-24 20:40

from 日本経済新聞 2007.12.21

オシム語録

?サッカーとはつまり相手を欺くゲーム。日本のサッカーは、相手を欺かなくても生きていける日本の社会を反映しているかもしれない

?日本の選手が積極的にイニシアチブが取れないのは、決定権は先生や上司や親が持っていて、自分は部分的な仕事をすればいいという意識のせいなのだろうか?

?経済の分野で中国やインドがめざましく進歩しているが、それをサッカー界は恐れる必要はない。むしろ、彼らの発展が日本の次の利益に結びつくようなスキームを考えるべきだろう

?日本の組織を見ていると、上司は常に正しくなければならないと上司も部下も思っている。ミスをすると権威にかかわると思ってもいる。私の経験則では人は誰もがミスをするし、それを前提にした方が上司と部下の共同作業もスムーズに運ぶ

?チームの進歩を実感する時……。選手が、必要や状況に応じて、自分よりほかの選手が出た方が試合に勝てると思えるようになったら、大きな進歩といえる

?私に理想のサッカーを語らせればいくらでもできるが、現実から出発しなければ何の意味もない

?音楽会の聴衆にとって指揮者と第一バイオリンが優秀ならいいかもしれない。サッカーには思いコントラバスを抱えて走る人間が要る。

?常に客観的であることを求めたい。なぜならサッカーには戦う相手がいて自分の都合だけではできないからだ
[PR]
by aknrkym | 2007-12-23 15:44 | article

from B&O MAGAZINE

セロニアス・モンク

音楽を言葉で説明するなんて、建築を身振りで表すようなものだ
[PR]
by aknrkym | 2007-12-16 12:45 | article

from 2005JUN 広告批評

「典型」は人がどう見たかというニュアンスを含んだ受け身の言葉。

一方、「原型」は他人がどう見たかではなく存在そのもの。
だから誰がなんと言おうと変わりようがない。
しかし、「典型」は状況とセットになっている。
ある状況において、みんなが合意している形が「典型」。

「原型」は全く変わらない。
でも、「典型」は微妙に変わっていく。
人間のからだが少しずつ変化するのと同じように。
だから、みんなが「典型」と思う合意を探す必要がある。
[PR]
by aknrkym | 2007-12-01 14:52 | magazine