<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

from dictionary No.116


コメディは 時間が経過した悲劇だ。


世の中は、感じる人にとっては悲劇だが、考える人にとっては喜劇だ
[PR]
by aknrkym | 2007-07-26 22:42

from Tokion 04.2007

今の時代の何かに対するアンチの衝動、不満がないとクリエイティブな仕事はできない。
そのままでいいなら「何もやる必要はない」。

既存のものを洗練させるというクリエイティブの方向性もあるが、洗練させることよりも、価値を変えることのほうが上位概念。
「既成概念を超えること」「新しい視点を提示すること」こそがクリエイティブの仕事。


社会に出て現実を知り、夢を打ち砕かれると、良くも悪くも大人しくなってしまいがち、大体あきらめてしまうが、
ビジョンをキープし続ける集中力。


成果物の先にある、コミュニケーションを生み出す。
作ったものはインターフェースに過ぎず、それ自体は最終目的ではない。


「ランチェスターの法則」
第一の法則は弱者の論理。規模に劣る弱者が強い相手に向き合うときには、至近距離での一騎討ち戦が有利ということ。
第二の法則は強者の論理。規模と武器に勝る強者の側は相手に向かって遠方からしかけ、射程距離の長い武器を使うことで、優位性を相乗化できるということ。

弱者→対象を読み解く力の秀逸さ。普通人のニュートラルな心理、ストレスやニーズなどを自分のリアリティとして掴む。
強者→デザイン分野をはみ出た規模感覚、スケール感のある戦略イメージを本能的に保持している。




付加的で装飾的なデザイン、実験的なアプローチが要請される時代やクライアントもある。だが、行動の点と線を見れば、今は物事そのものの本質を素の眼で見つめ直し、もう一度再定義することが求められている時代だと分かる。

様々なもののスキームが変容し、本質が見えにくくなっている時代のコミュニケーション野中に、圧倒的優位性で光り輝く高性能のディバイス。
[PR]
by aknrkym | 2007-07-22 15:20

近代建築の5原則

独自の構造が実現した「自由な平面」 「自由な立面」、横長に連続する「水平連続窓」に加え、建物を柱で支えて地面から持ち上げることによって地上の車や人の通行を自由にする「ピロティ」、平坦な屋根に土を盛って外部を楽しむ空間をつくると同時に室内の断熱効果も上げる「屋上庭園」 。
[PR]
by aknrkym | 2007-07-02 22:25