<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

by Thumbsucker

「答えのない人生を生きる力」
[PR]
by aknrkym | 2006-12-16 09:42

from PELISSE Dec-11-2006

時間は悔恨から発生し、空間は屈辱から発生した。
時間と空間の両軸による我々の世界像は、悔恨と屈辱に支えられている(フロイト)。
「過去の嫌な事はどうでもよく成ったし、乗り越えたよ」というのがウソでなければ、原理的に言って、その人に官能は訪れません。
[PR]
by aknrkym | 2006-12-14 07:00

from Tokion no.55 p.89

「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい」と写真家・森山大道は自著のタイトルに付している。
過去の時間は今へと繋がり、今は一瞬にして過去となる。そして今の延長線上にある未来の予兆は、現在に常に浮遊している。
そして、それとは逆に、未来は止め処もなく現在に流れ込み、現在は瞬時にして過去に流れ去って行く。
つまり“今”という瞬間の交差点がなければ、過去も未来もありえないし、過去と未来の照合がなければ現在は存在し得ない。

時間とは一方向の直線的な流れのものではない。極端に言ってしまえば、過去も、未来も、そして現在も常に“今”なのである。
[PR]
by aknrkym | 2006-12-09 06:50