<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

from 花椿No.677

テクスチャーとはすなわち、見て、触れて感じることが出来る、官能的な表面感である。
文学では作品の「思想=ストラクチャー」とは区別される、具体的な表面の細部。
言葉のあや、音の遊び……。美術でも、音楽でも、建築でも、食べ物でも、織物でも、まず私達はまずテクスチャーに相対する。


感覚の記憶に深く刻まれるのは、テクスチャー。それゆえに、テクスチャーは「本質」という意味も持つようになった。
[PR]
by aknrkym | 2006-10-27 21:15

by <FORM_Story of design>

ここより抜粋


インハウス・デザイナーである為には、企業の理念を理解し、市場のニーズを引き出す。
企画やマーケッティングそしてエンジニアなど、社内での調整を計りながら、マーケットに受け入れられる商品を、
ライフサイクル、シーズン、時にはそれに類する短いサイクルで消費される商品の開発を、
時代と共に共生する価値観の中で、変換し移り変わる事に耐え、埋没することを受け入れつつ作りだしていかなければならない。
[PR]
by aknrkym | 2006-10-07 16:45