<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドキュメンタリー

事実は一つしかないが、真実は人の数だけある。
[PR]
by aknrkym | 2006-03-26 01:17

by 町田康

本を読むことは双方向の行為。
例えば『男が立っていた』と書かれてあったとして、読者は頭の中で、それがどんな男なのかを想像力や人生経験などで補って読む。

読むというのは創造的で刺激の多い行為。
人は読書によって生きている実感を得たり、もうひとつ別の時間を味わうことができる。
[PR]
by aknrkym | 2006-03-22 15:07

by ヨーガン・レール

美しいものは、簡単には見つからない。
苦労して探すからこそ価値がある。
[PR]
by aknrkym | 2006-03-20 21:28

by 桂正和

どんな形でも、救ってくれる人がヒーロー。
[PR]
by aknrkym | 2006-03-20 01:49

「しきり」の文化論

individual(個人)
in(否定)
dividu(分割できる)
al(性質)

つまり、分割出来ないものという意味。
[PR]
by aknrkym | 2006-03-16 13:05

from X Knowledge HOME 2002 AUG

人間が、その精神の働きによって地上に生み出した有形・無形全てのものを、文化という。
あらためて日本の文化とは何かを考えてみると、そのルーツである「縄文」と「弥生」に辿り着く。
日本人は絶えず海外の先進文化や制度を輸入し、それをアレンジし洗練させることで文化を築いてきたと言われ、それは弥生の精神の所為と思えるが、しかし、その根底に流れていたのは「縄文の精神」であった。
[PR]
by aknrkym | 2006-03-01 13:40