<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

石組み from 重森三玲

元来、日本庭園の石組みの起源は磐座や磐境と呼ばれる古代の巨石(群)であり、よく神社の御神体になっている。
枯山水の石庭を連想すると、石組みと「禅寺」を簡単に結びつけるが、日本庭園の始まりはもっと古く、古代にまでさかのぼる。
元来、日本古来の山岳信仰と大陸思想の影響、更に古墳文化や浄土思想などが混ざりあいながらその時々の「庭」を形成していった。
信仰心や時代の精神性とともに発展した日本庭園において、石組みの基本は神や仏を宿す躍動的な立て石にあったが、江戸中期を過ぎると石を寝かせて配置することが多くなる。
重森三玲は昭和期において立石本意のモダンな枯山水の復興に努力し、抽象的な表現を模索しながら現代的な石組みを作り上げている。
[PR]
by aknrkym | 2006-02-28 18:13

by Klein Dytham architecture

フェティッシュとは、〈無意味にものを便利にする〉
日本には、本当に生活に必要なのかと思うくらい、おせっかいなほどに便利なものが東京にはたくさんある。
[PR]
by aknrkym | 2006-02-23 20:03

from TVBros.2/4~

「天下御免の向こう見ず」より

価値
何に価値を認めるかはその人間の感受性を映す鏡。
そして、得てして“価値”は“善悪”を超越する。
“価値あるもの”が“悪である”ということが、起こり得るからこそ我々は悩む。
だからこそ、何かに価値を認めるという行為は自分自身で判断しなければならないし、自分の人格を賭ける覚悟がいる。
[PR]
by aknrkym | 2006-02-04 08:28

「考え」という言葉の類語

思考・思案・思索・考察・考慮・思慮・念慮・念頭・想念・想(そう)・構想・案・意向・意図・意思・意・意見・見解・所見・所懐・所思・所存・存念・存意・料簡(りようけん)・思惑(おもわく)・魂胆・腹(はら)・腹づもり(尊敬)貴慮・尊慮・賢慮・御意(ぎよい)・貴意・尊意・思(おぼ)し召し(謙譲)愚考・愚案
[PR]
by aknrkym | 2006-02-02 18:43

words on the wall from DESIGN MUSEUM, in London 04,09,19

PROGRESS MEANS SIMPLIFYING, NOT COMPLICATING.
BRUNO MUNARI

THERE HAS TO BE AN IRONY. IN BOTH THE DESIGN AND THE OBJECTS.
I SEE AROUND ME A PROFESSIONAL DISEASE OF TAKING EVERYTHING TOO SERIOUSLY.
ONE OF MY SECRETS IS TO JOKE ALL THE TIME.
ACHILLE CASTIGLIONI
[PR]
by aknrkym | 2006-02-02 15:33

ジャポニズムの表現視覚形成論

04.11.10
・アシンメトリー
ex.日本の庭園(枯山水)
・中心をはずす構図
・画面を立ち切るモチーフ
・余白
・単純な描線
・明確な色面
・グラデーション
・自然(鳥,花,虫)
[PR]
by aknrkym | 2006-02-01 00:15