カテゴリ:magazine( 11 )

広告 2009 November + January Vol.380 p15


生きものは、「普遍と多様」「偶然と必然」「合理と無駄」「正常と異常」など、
日常では対立概念にあるものを見事に取り入れています。
そして生き残りをかけて競争する一方で、
協力し合い、相互に関係し、依存し合ってもいます。
生きものがこうした矛盾を抱えた存在であるからこそ、
そこからダイナミズムが生み出されるのです。
矛盾に満ちていて、思いがけないことが起こり、予測することも不可能。
それがヒトも含めた生きものの本質です。
[PR]
by aknrkym | 2009-11-03 06:04 | magazine

from KOHKOKU 2009 November + January Vol.380 p14


未来のことを考えるためには、まず「時間」の捉え方を変えてみることが大切なのではないでしょうか。

現在の私たちにとっての常識が、科学や科学技術文明の上につくられ、科学は機械論的な世界観の上に組み立てられています。そして機械論は「時間」を切り捨てることで発展してきました。ここにあるものの構造と機能がわかればすべて理解できるという考え方。そして、それを基に機械をつくり、便利にすることを進歩としたのが科学技術文明です。
(中略)
しかし今、その300年成功した科学が行き詰まっています。
科学で人間や世界が捉えられると思っていたけれど、そうではないということが分かってきました。
今大切なのは、機械論的な世界観によって切り捨てられてきた「時間」の感覚を取り戻し、
それを基本においた世界観をつくることだと思います。


科学に、生きものの中に流れている時間を読み取るという視点がないうえに、様々な生きもの同士の関係を大切にする視点も欠けていると思います。
全体を捉える視点がないと言ってもよいと思います。
実は、細胞やDNAという小さな世界を調べていても、たとえばタンパク質ひとつがぽつんとあるのではなく、必ず何かとつながりながら見事なバランスをつくって存在していることがよく分かります。
(中略)
生きものとは時間を紡いでいるもの、そして時間を紡ぐそのプロセスにこそ意味があり価値があるのです。便利をすべて否定するわけではありませんが、私たちは何でも便利にしようとして時間を短縮すればするほどすばらしいという価値観をもつようになってしまった。
今私たちに必要なのは、便利さの限度を知りながら、時間を紡いでいくことの大切さを感じていくこと。
それが「生きもの感覚」です。
[PR]
by aknrkym | 2009-11-01 06:57 | magazine

from BRUTUS 2009.10.01 p158


Q1.あなたにとってBASICとは?

A1.生きるうえで最低限必要なものと、その質に関わること。
もし自分にとってそれが十分に満足できるものならば、
自分の夢や仕事などの高い目標やゴールに向かうための活力源になるでしょう。


Q3.あなたにとってTRENDとは?

A3.トレンドとは私たちの刹那的願望を捉えたものですが、
ファッションにおいては、新たな美を私たちが探し続けるためにあるのだと思います。
なぜならファッションは常にクラシカルなものに
今の要素を加えて作られるからです。
過去の繰り返しではなく、未来へ開かれているものなのです。
[PR]
by aknrkym | 2009-09-23 04:03 | magazine

from BRUTUS 2009.10.01 GENTLEMAN'S BOOK

To Be A Gentleman
トム・ブラウンが考えるジェントルマンの条件

-1-
The most important things is to have your own sense of style.
自分自身のスタイル感覚がある
-2-
To have an easy confidence with yourself.
無理せずに自信がある
-3-
To make things look easy and effortless.
頑張りすぎず、自然体である
-4-
To think about others first in life in general.
他者を第一に考える
-5-
To be interested in a lot of things, and to be open to new ideas.
To be open-minded to a lot of things.
様々なことに興味を持ち、新しいアイデアにオープンである


人は自分自身のことばかり考えることが多い。
ジェントルマンであるためには、
自分以外のことにオープンであることが重要だと思う。
自分のことが好きでなかったとしても、
他人のやっていることにオープンであるべき。
(中略)
ジェントルマンであることに夢中になってしまってはいけない。
ジェントルマンであるということは、
時代に流されないこと、時代に流されずにファッショナブルであることが、
最も重要な部分を占めている。
毎シーズン変わるというファッションに動かされることは、
紳士的でないと思う。
[PR]
by aknrkym | 2009-09-21 06:03 | magazine

from BRUTUS 09.08.15 p44

岡本太郎が帰国後、目の当たりにしたものは、奈良時代の仏教美術をはじめ、「日本の伝統」として今日恭しく語られている芸術のほとんどが、中国大陸や朝鮮半島から輸入された文化のこぢんまりとした亜流でしかなかったという事実であった。
そして、その価値と権威を支えているシステムの中に、現在に至るまで日本が抱える一種の「奴隷根性」的心性を見出し、絶望感に苛まれる。
そんな太郎にとって、51年の縄文土器との出会いはまさに青天の霹靂であった。
その奇怪さ、野蛮さ、力強さ。
太郎はそこに、原初的な美の力を看取する。
[PR]
by aknrkym | 2009-08-06 20:50 | magazine

デザインの現場 2008 06 P080

モダニストとダイエッターの類似性は大きい。
共に過去と訣別する勇気を持ち、眼差しは常に未来へ向かっている。
過去には戻れないという事実ーつまり時間の不可逆性を受け入れることが、未来を信じる力の基盤となる。

しかし 過去を無視するわけではない。
日々データを記録し、過去のデータを未来を築くために活用する。現状から目を背けてはならない。ありのままをモニタリングし、それを積み重ねることでつくりだされた膨大な過去の記録から、未来へつながる意味を見つけ出す。過去のデータに沿って現在をコントロールすることは未来をコントロールすることである。

明日はもっといい日になると、今日を抑制して生きる人には、進歩は必ず訪れる。
それが人類全体のスケールでも。
[PR]
by aknrkym | 2009-06-29 21:56 | magazine

from 広告批評 2009.01 P89〜

昔から、テレビは、最高に楽しいものだと思っているし、いまもその気持ちに変わりはない。
近頃テレビは堕落しているとか、暗いことを言う人は、単純に年をとって、感度が鈍った人が、テレビが近頃面白くないと言っておけば無難かなと、あまり見てもいないで、そう捉えている人だと思う。
(中略)
ダメになっているとしたら、批評家の老朽化。
あとは、視聴者や消費者という名のもっともらしい良識派然としたご批判。
それにピリピリしり側。
教育上とか、表現の自由とか、冗談を許さない感じのがんじがらめのコード。
愛情溢れる批判ならいいけれど、昔と比べてばかりとか、自分がピンとこないから批判するとか、そもそもセンス的について行けなっているのに、ダメだと決めつけるとか、そういうのが多すぎる感じがする。メディアもクライアントも、批判にさらされることに敏感になりすぎて、ま、仕方ないですがね。
日本全体が、よってたかっていじめる体質になってきているから。
それを怖がる気持ちもわかる。
ま、とにかく、テレビは面白い。
楽しくなければテレビじゃないし、テレビCMじゃないとも言いたい。
[PR]
by aknrkym | 2009-02-01 03:12 | magazine

by BRUTUS 2009.02.01 p31


例えばひとつの言葉があるとして、皆がその言葉を聞いて何を共通にイメージするか。
それを明確に、具体的に思い描いてみて。
そこを飛ばすから何をしたいか分からない。

あなたが何を、ではなく、皆が何を、をまず探し、そこから自分の中に浮いてきたものを理解していく。

もう一度テーマは何か、何を作ろうとしているのか、全体のシナリオを書きなさい。
小説でも何でも、とんでもなく複雑に見えるものでも、中心には必ずコンテスト(文脈)がある。
最初から散らかってるものなんてない。

(中略)

人にどう伝わるか、どう届きたいのか。
編集能力も重要で、そのプレゼンテーションが結局、何を考え、何を見てきたかを露出させる。
作品を作ることも重要だけど、分析し、論じられなければならない。
[PR]
by aknrkym | 2009-01-10 20:37 | magazine

from AXIS 2009 Feb p18

世の中にはエンターテインメントが重視される傾向が強いですが、エンターテインメントには新しいわからない方の入り込む余地がなかなかない。
基本的に、手取り足取りわからせてくれるものですから。

ただ、そういうものばかり見せつけられると、当然それに飽き足らない人が出てくる。
人間は知的生命体だから、わからないものを提示しても、自ら分析し組み立てて、壁を乗り越えてしまう。
その過程自体が面白い。
つまり与えられたエンターテインメントではなく個人の興味や関心に立脚した表現が必要になってくるんです。
[PR]
by aknrkym | 2009-01-03 18:42 | magazine

from NIKKEI DESIGN DEC.2008 p40


クリエイティブをシンプルにし、シンプルな表現を効果的に組み立てた方が、伝達にパワーがあります。
ただ、このシンプルというのが難しい。
シンプルとは、必要最小限の要素で成り立っていることです。
ただ要素を少なくすると、足りない、寂しいという状況になりやすいんです。これではパワーがありません。
[PR]
by aknrkym | 2008-11-26 22:22 | magazine